シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラ釣りは海全体がポイントとも言える

ぶっちゃけ、シイラはどこにいるのか分からないことも多い・・・。

だだっ広い海にもシイラは泳いでいる

 セオリーからいうと、潮目を狙うとか、ブイ周りなどのストラクチャーを攻めるとかナブラを探すとかが当然有力なのですが、シイラ釣りをしていると時折、はぐれシイラのような個体を見つけることがあります。

シイラの入れ食い

 単独で跳ねているのを見つけたり、トビウオが追われていたりすることで発見します。船長に伝えて、ちょっと留まってもらい釣りをするとほら釣れたみたいな・・・。

 こういうことを経験していくと、シイラ釣りでは海全体がシイラの潜むポイントなんじゃないか??という気さえしてきます。

 まぁ、狙っていくのであれば、セオリー通りにこなす方が当然楽だとは思うのですが、昼間のちょっとゆるんだ時間や、船長が休憩して船が流されているような時間帯でも油断できないなぁと思っています。

メーター超えのサワラ

 また、これはシイラではないのですが、大阪湾(神戸沖)でだだっ広い何もないと思われたところでメータ超えのサワラをゲットしました。(この写真は友人です。私もサワラを掛けましたが目の前でバラし、泣きました、苦笑。)

船にシイラがつくような状況もある

 シイラを狙って船から遠くへ、遠くへキャストを繰り返しているイメージがあると思うのですが、船の周りもポイントになるような状況もあります。

 シイラにとっては船も漂流物ですので、船にシイラがつくようなことがあります。

船際の水しぶき

 もしかすると、正確には船についてはいないのかもしれませんが、シイラ側からするとルアーを追ってきた先に船があるので、一定の時間、船の周りをグルグルしているのかもしれません。

 シイラ釣りの本なんかを読んでいると、船の前でロッドを動かして8の字にルアーをアクションさせると良いということが良く書かれていますが、まさにこのシイラを釣るための手法ですね。。

 また、船に散水機がついているような場合、海面をバチャバチャさせ、人工的にナブラもどきを作ってシイラの活性をあげたりすることもあります。こうして船の周りに高活性のシイラが寄りつくような場合は、遠くにキャストをしていると損を見ることもありますね。