シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラは色々な名前で呼ばれている

シイラは地域地域で色々と呼び名が異なることで知られています。

本名シイラの名前の由来

 正直、諸説あるので、どれが正しいとはいえないのですが、一番有力だと考えられているものがこちらです。

 稲や麦などの穀物が病気などで結実しない状態のことをシイラやシイナと呼ぶそうです。このことから、体長がものすごく大きな魚なのに、可食部(身ね)が少ない魚だということから、シイラという名前が付けられたと考えられています。

シイラの呼び名

 逆に、広島、山口、愛媛なんかではシイラのことをマンサクと呼ぶのですが、シイラ=穀物が結実しない=縁起が悪いということなので、それを避けるためにマンサクと呼ぶようになったとか。

 これと似た事例に植物の葦(アシ)がある。関東では葦(アシ)と呼ばれる植物ですが、関西では葦(ヨシ)と呼びます。昔は都が京都にあったため、葦=悪し=縁起が悪いということを嫌い、関西では葦(ヨシ)と呼ぶようになったとかです。

 また、千葉ではシビトクライ(死人食らい)という強烈なネーミングもあるそうですが、シイラは漂流物(流木など)に付く習性があり、おそらく浮いた水死体にもつくだろうからこの名前が付いたんだろうと思われます。

シイラの呼び名をまとめてみました

※スマホで見てる方、すみません。画面を横向きにしないと表が全部見れませんです、汗。

秋田・富山 シラ 宮城・九州・和歌山 マンビキ(万匹・万疋)
高知 クマビキ(九万匹) 高知・神奈川・静岡 トウヤク
千葉 シビトクライ(死人食らい) 和歌山・高知・神奈川 トウヒャク(十百)
神奈川 シビトハタ(死人旗) 中国地方・愛媛・岡山 マンサク(万作)
九州 ネコヅラ(猫面) ハワイ マヒマヒ
沖縄 マンビカー 英名 ドルフィンフィッシュ

 おそらくこれ以外の呼び名もたぶんあったりすると思います。また、気付き次第追加していきたいと思います。