シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

ショア(堤防とか)からもシイラは釣れる

場所を選べばショア(堤防とか)からもシイラは釣れます。

ショアからのシイラ釣りは情報収集が重要

 シイラを釣るだけなら船に乗るのが一番手っ取り早いわけですが、ショアから釣りたいという方にちょっとだけですが、書いてみたいと思います。

 シイラをショアから釣るのであれば、関東なら伊豆諸島周辺関西なら和歌山が有名ポイントだと思います。私は関西在住の釣りバカですので、和歌山に行くことが多いです。

和歌山のショアシイラポイント小浦一文字

 ショアからと言っても陸続きのポイントではなく、渡船で一文字へと渡っています。また、私は行ったことありませんが、九州や離島なんかでは陸続きの地磯からでも釣れるそうです。

 ショアからシイラを釣るためにはまずは情報収集が必要です。最低限、いつ、どこで、どんなルアーで、シイラが釣れているのかを知る必要があります。これだけを把握しているだけでも、ずいぶんシイラは釣りやすくなります。情報収集は必須です!

 また、ショアからシイラが釣れるような時期は、一文字に釣り人が押し寄せます。できることなら平日の一文字に渡れると良いと思います。

その時合に釣りをしていることが重要

 当たり前の話ですが、ショアからシイラを釣るということはキャスティングで届く範囲にシイラが接岸してくる必要があります

 実績ポイントでハイシーズンであれば、時間帯や潮の流れがやってくれば自然と回りから順にロッドが曲がっていくので分かります。それまではおとなしくキャストを繰り返すしかないです。

シイラとファイト中

 私はシイラの回遊がない時間帯はジグをキャストしていたり、エギングタックルを持って行ったりして時間を潰しています。周りの人も、エサ釣りをしていたりしてます。もちろん、シイラオンリーで根気よくポッパーをキャストしている方もいます。

 ただ確実なことは、絶対にシイラを釣りたい!!っという意気込みよりも、シイラが回遊してきたその瞬間に、どれだけルアーを海上でアクションさせられるのかが大切だと思っています。

 真面目にキャストを繰り返していることも大切ですが、時合を逃さないことが一番大切なのです。長く時合が続くこともありますが、その日一瞬限りということもありますので、時合がきたときに集中力を一気に高めたいですね。

ショアからのシイラ釣りを詳しく紹介したサイト

 当サイトに記載していることはどちらかというとオフショアのシイラゲームの話が中心なので、ショアからのシイラゲームについてはこちらのサイトを見てくださる方が情報がまとまっていると思います。

ショアシイラのサイト

 とはいえ、実はこちらも私が作ったサイトでして・・・。その名も”ショア×シイラ”っというなんともそのまんまなタイトルのサイトですが、こちらもよろしければお立ち寄りくださいませ。