シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラ釣り-オフショアでの狙い目ポイント

シイラ釣りでのオフショアでの狙い目ポイントを紹介しています。

シイラの狙い目ポイント-ブイ、パヤオ(漁礁)

 ブイやパヤオ(漁礁)などの固定されたものの影にはシイラが潜むことが知られています。

 集魚のために浮かべられているものから、何らかの目印のためのもの、気象用のものなど用途は様々なのですが、シイラシーズンであれば、まず間違いなくシイラがついているポイントです。

海のブイ

 ただ、真新しいものにはシイラがついていないことがあったり、長くあるブイでも有名なブイともなるとかなりの釣り人に叩かれていることもあり、ついているシイラがスレまくっていることも。

 第一投で仕留めるくらいの勢いで取り組むか、スレたシイラでも喰わせる!くらいの意気込みが必要なポイントでもあります。シーズン初期ではパラダイスになることもあるので、良い意味で当たり外れの少ないポイントとも言えます。

 余談になりますが、ブイなどに船が接近する際は当然、船首側からになりますので、船首(ミヨシ)の釣り座に入っている人が有利になりやすいポイントでもありますね。

シイラの狙い目ポイント-漂流物や流木など

 シイラは漂流物や流木などの下にもつくことがあります。これは固定されているブイなどのポイントと異なり、その日限りのポイントであるため、ついているシイラもスレていないことが多いです。

海の漂流物

 基本的な考えとして、漂流物や流木は大きければ大きいほど良いとされています。

 大きなビニールシートにつくこともありますし、畳についていた、という話も聞きます(とは言え、ゴミが流れているのは良い気はしないですが・・・。)

 こういった漂流物は船長が見つけてちょっと寄り道してくれることもありますが、同船しているお客さんたちが発見して『ちょっとあそこでやってみたい』とお願いするようなこともあります。

 移動中もみんなで漂流物(それこそナブラやトリヤマも)を探したりすることもシイラ釣りでは大切な要素なんじゃないかと思います。

 次の項目で紹介しますが、こういった漂流物は潮目などのポイントと絡んでくることもありますので、釣れる要素が重なっているポイントこそが狙い目となります。

シイラの狙い目ポイント-潮目

 潮目とは、ざっくり言うなれば潮と潮とがぶつかっているところを言います。

潮目

 細かく言うなれば、温かい潮と冷たい潮が当たるところ、きれいな潮と濁った潮が当たるところ、速潮と遅潮が当たるところ、など結構色々あります。

 潮目は基本、プランクトンや小魚が集まりやすいポイントでもあるので単体でも良いのですが、より良い狙い目としては、やはり大きな漂流物(ゴミなど)がある潮目が特に良いです。

 ただ、漂流物(ゴミ)がある潮目はポイントとしては最高なのですが、ルアーやラインにゴミが引っかかるという良くないこともあるポイントです。

 潮目にぴったりとゴミが流れているときは良いのですが、潮目がやや広く、ゴミも広く広がっているところではメチャクチャ釣りがし難いこともあります。

 また、何度もゴミを引っ掛けていると魚たちにも気付かれスレさせてしまうようなこともありますので、要注意です。

シイラの狙い目ポイント-トリヤマ

 トリヤマは次に紹介するナブラ、ベイトボールと基本的に同じ現象です。

 トリヤマは、逃げ惑う小魚にとっては、下からも上からも捕食者が攻めてくる恐ろしい状態だとは思いますが・・・。

トリヤマ

 ただ、釣りをする側からいうと、シイラ釣りの場合はトリヤマはかなり釣りをし難い印象があります。

 特にポッパーやペンシルベイトをつけている場合は、鳥にルアーを持っていかれかねないので・・・。

 私自身は鳥をかけた経験はありませんが、鳥がルアーに引っかかると釣りどころではなくなるくらいの時間が持っていかれるとか・・・(怖)

 ですので、トリヤマを狙うときは可能な限り、ジグやミノーのようなルアーがオススメです。

 ラインも可能な限り浮かせずに水の中につけるようにし、鳥が引っかかるのを避けましょう。どうしてもトップで釣りたいのであれば、鳥がきそうになったらルアーを動かさなければ良いとか聞いたことありますが、よく知りません。自己責任でオネガイシマス。

シイラの狙い目ポイント-ナブラ、ベイトボール

 ナブラ、ベイトボールはトリヤマから鳥を引いたものです。小魚(イワシなど)が下から大型の魚に追い立てられて海面でバチャバチャなっている状態のことです。見つけたらマジでテンション上がります、笑。

ナブラ

 このナブラや、ベイトボールには常にシイラがついているかと問われると正直、微妙なところです。もちろん、シイラがついていることも多いですが、それ以外にブリやカツオ、ヨコワ(マグロの小さいの)、サワラなんかの場合もあります。

 (ま、シイラ釣りよりも美味しい外道かもしれませんが)

 ナブラやベイトボールを狙うときは、ルアーを直撃させないように、ナブラの向こう側に着水させるなどの工夫が必要です。

 また、魚の進路を予測してその方向にキャストするなどしないとヒットさせにくいこともあります。

 さらに、ナブラやベイトボールでは、シイラが特定のエサに狂っている状態ですので、カラーやサイズが異なるだけで見向きもされないこともありますので、ルアーバリエーションはいくつか欲しいですね。