シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

ナブラ打ちでシイラが自分だけ釣れないとき

ナブラ打ちで、自分だけ釣れなかったことってありませんか??

ナブラを見つければ、100%釣れる!!

 すみません、100%は言い過ぎました。実はナブラやトリヤマ、ベイトボールなんかを見つけても釣れないこともあるんです。周りはどんどん掛けていくのに、自分だけ取り残されたことありませんか??それには理由があるのです。

ナブラ

 もちろん、ナブラが時間的に短かった、たまたまのらなかった、タックル交換をしているときだった、など、ある程度は運に左右される部分もあるとは思うのですが・・・。

 でも、まっとうに釣りをしていたのに、かからなかった。全員が掛けられなかったなどということもあります。この理由は以下に紹介するような事柄かもしれません。

使っているルアーがマッチザベイトしていなかった

 大抵は、使っていたルアーがマッチザベイトしていなかったからというのが理由です。ナブラやベイトボールなどの状況ではシイラが追っているエサが”特定のこのエサ”なのです。

ナブラ

 そういう状況下にあるのです。具体的にいうなれば、ナブラの原因が10cmのイワシだったら、15cmのルアーは見向きもされないのです。グリーンのルアーは追ってもくれないことがあるのです。

 カラー、サイズがマッチしてこそのナブラ、ベイトボールです。もちろん、マッチしてなくてもかかることはたくさんありますが、マッチしているときの爆発度合いと比べてみれば分かります。アタリの回数が全然違います。

ルアーを引くタナを間違えている

 これも結構あります。シイラがナブラやベイトボールを目掛けて体当たりしているところを狙いたい気持ちは分かるのですが、ベイトの群れの中にルアーが溶け込んでしまうとルアーが目立ちにくいということにもつながります。

 ナブラが見えてるとどうしてもトップ(表層)でルアーを引きたくなりますが、案外と沈めた方がヒットすることも多いものです。

水面のルアー

 理由としましては、ベイトボールの中でシイラに体当たりされて失神して落ちてきた小魚を演出するように、ヒラヒラとフォールさせたら一発でヒットということがあるからですね。

 元気にトゥイッチ!なルアーよりも、弱った小魚の方がシイラにとっても捕食しやすく、目にとまりやすいということです。(もちろん、いつでもフォールが良いわけでもありません、ケースバイケースです)。

 さらに言うならルアーの速度も考えたいです。同じフォールのアクションでも、ミノーではヒットするけど、ジグミノーだとフォールが速くて掛からない、同じタナを引いているけど、ミノーとジグミノーではリトリーブ速度が違い掛からない、などの可能性もあります。