シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラをエサで釣ろう!

和歌山の堤防ではエサ釣りでシイラを狙っている人もいました。

シイラをエサで釣るならアジの飲ませが基本

 いや、エサ釣りに関してはそれほど詳しくないのですが、隣でエサ釣りをされている方の仕掛けを眺めていたのですがアジの飲ませ釣りなんですね。

アジのノマセ釣り

 たまたまその日はシイラの回遊が少なくて、来たとしても単発でのヒットが多く、ルアーマンは結構苦戦していた日でした。が、そんなときこそエサ釣りなのかもしれませんね。

 ルアーだと回遊があったとしてもヒットになるかならないかは運次第という感じだったのですが、エサだとじっくり待てるせいもあり、毎度釣り上げてましたねー。

 ただ、仕掛けは可能な限り簡素にしておかないと、シイラとのファイトで仕掛けがグシャグシャにされてましたね、汗。

シイラのアジの飲ませ釣りの仕掛け

 たぶん、この図のような仕掛けだったと思います。人が多くない釣り場や、人が多くない時間帯だったら、完全フリーにしてアジの好きなように泳がせるのも面白そうだなと思いました。(あまりアジを自由にさせすぎると周りの釣り人に迷惑になりますが)

シイラのエサ釣り仕掛け

 ハマチやメジロとかの青物系のアジの泳がせ釣りの仕掛けとほぼ同様だと思います。

 図には道糸のことを掲載していませんが、4~5号程度のラインが良いと思います。ウキに関しては、中通しでなくても良いのですが、中通しタイプの方がファイト中のトラブルが少ないと思います。