シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラ釣りのラインシステム

シイラ釣りで重要なのがこのラインシステムです。しっかりしてないと大物がかかったとき泣きます。

メインラインはPEライン2号がおすすめ

 基本的にメインラインはPEラインを使用することをオススメします。号数は2号辺りが一般的で自信がないという方はぜひとも2.5号辺りから始めると良いと思います。

シイラのPEライン

 逆に自信がある方は1.5号くらいでも問題ありませんが、長いファイトは同船者や周囲の釣り人に迷惑がかかることもお忘れなく。

 と、PEライン推しで話を進めましたが、別にナイロンラインでもなんとかなるとも思います。

シイラのナイロンライン

 ナイロンラインに慣れ親しんでいる方にとってPEラインはクセが強く、とっつき難いこともありますので・・・。

 基本的にシイラゲームは視認できる範囲で、目で見て釣るといっても過言ではない釣りのスタイルです。

 なので、感度が悪いことは問題にはならないこともあるので、クッション性を考えるとナイロンラインの16lb辺りが良いこともあります。

リーダーはナイロンライン

 PEラインをメインラインに選択した場合、リーダーラインが必要になります。

リーダーはナイロンライン

 リーダーラインは40~60lbを1.5mとります。

 個人的には伸びが良く、クッション性の高いナイロンラインがおすすめですが、フロロカーボンラインでも良いと思います。

フロロライン

 ちなみにフロロカーボンラインは、ナイロンラインと比べると伸びが少ないのでルアーの操作がよりテクニカルに操作できる、感度が良いのでアタリを取りやすいことなどがあげられます。

 ただ、シイラを釣るのにそこまでの操作性と感度が求められるかと問われると不明です・・・。ナイロンの方が伸びてクッションになるからメリットあるやーん・・・。と思ってます。