シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラを釣るときはライフジャケットを着よう

オフショアはもちろん、ショアでもライフジャケットは着ましょう。

ライフジャケットはシイラ釣りにおける必須アイテム

 オフショアからのシイラ釣りでは、マイライフジャケットを持っていなかったとしても船でレンタルしてくれます。

 オレンジとか蛍光グリーンだとかの、”救命胴衣あるある”みたいなやつを貸してくれると思います。ちょっとシャレた船宿さんだったら、ベルト式みたいなやつを借りれるところもあります。

子供のライフジャケット

 まぁ、ライフジャケットを着ていないことの危険性とか、安全性だとかをこのページで語る気はさらさらありません。でも、着ている方がはるかに安全です。ただそれだけです。

 なので、このページでは個人的におすすめできるライフジャケットを紹介してみたいと思います。ライフジャケット選びの第一歩は一日着ていられるものを選ぶ必要があります。

船に乗るなら桜マーク付きが大事

 2018年の2月からライフジャケットに関して少し厳しくなりまして、桜マーク付きのライフジャケットじゃないとダメっということになりました。

 桜マークがついているライフジャケットは、『国土交通省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケット』という意味で、どれだけ性能が良いライフジャケットだったとしても船に乗る場合は桜マーク付きでないとダメになったみたいですね。

 っということで、以下から紹介するライフジャケットはすべて桜マーク付きのもので行きたいと思います。

真夏はとにかく暑い。一日中着ていられるものを選ぼう

 安全性だとか、手動、自動だとか、色々あるのですが、ライフジャケットは着ていないと話になりません。

 でも、真夏のシイラは暑すぎてライフジャケットを着ていないことが多くて、そういうタイミングで落水したりするんでしょうね。

 最近は厳しくなってきたので、渡船屋さんでもレンタルしてくれますが、着ずに釣りをしている方がほとんどですねー。

ライフジャケット

 まぁ、一文字で釣りをしていて、落水してしまうということは大人なら少ないです。

 私もたいてい釣りバカなので、釣りに行く回数は多いですが、いまだにそういう事故を1度しか見たことがありません。

 なので、ライフジャケットの出番が必要なシーンに出くわしたことがほとんどありません。が、事故ったときに着ていたら・・・っということになるんだと思います。

 以下に、代表的な形状のライフジャケットを紹介していますが、とにかく夏でも着ていられるものを選びましょう