シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

ジギングでもシイラは釣れる

ジギングでもシイラは釣れるけど、狙うのは難しいという話を書いています。

シイラ釣りでジグはあまり使用されない

 ショアジギングなどでも、ジグミノーなどのルアーが充実してきたり、飛距離がかなりでるプラグなどが開発されてきて、ジグを使用するようなケースが減ってきているなぁと思っています。

シイラ釣りはプラグが多い

 それを裏付けるように、書籍なんかでもシイラのコーナーにジグがあまり掲載されなくなったような気がします。(まぁ、シイラのみを狙っていないショアジギングなんかではジグは当然載ってますし、使っている人がほとんどなのですが)

 これには理由が当然あります。一般にシイラは10mまでの深さで群れて、エサを追っているケースが多く、いくら深くても30mまでの水深にいるからです。では、シイラ釣りではジグは必要ないのでしょうか??

シイラ釣りにおけるジグの役割

 ショアからシイラを狙う場合、当然ジグは持っておいた方がいいです、普段は使わないとしても。

 考えれば当たり前の話ですが、届かないところでシイラがナブラをしているのを指を咥えてみていることほど泣ける話はないですからね。

ジグ

 マッチザベイトやカラーリングを合わせることも大事ですが、まずはルアーをシイラのいるところに届かせることが大事ですからね~。

船シイラの場合ジグは不要か?

 では、船に乗っている場合は、ジグは不要なのでしょうか??

ジグ

 実際、シイラを狙って釣りをしているときの90%くらいはジグは不要であるシーンが多いです。ナブラが起こっても、船長さんが届く距離に寄ってくれたりしますので、届くことが多いからですね。

 が、もし、届かないところでナブラが起こったら??シルエットの小さいルアーが求められるシーンだったら??限定的なシーンかもしれませんが、ジグが完全に不要っというわけではないのです。

お土産を釣って帰る船も多い

 シイラって不味くはないんですが、飛び切り美味しいわけではないかなぁと思っています。それに対して、釣りものとしては普通な感じもしてしまうのですが、タチウオとかは美味しいです。

 太刀魚はしかも調理しやすいということもあり、奥さんも喜んでくれます。(悲しい話ですが、シイラより)

シイラ釣りのお土産ブリ

 っと、いうこともあってか、シイラ釣りオンリーで釣りをしていても、帰り際にちょっとだけタチウオやっていくよー、とか、サバとかハマチ回ってるからちょっとやるよー、っとなる船も多いです。

 場合によっては、鯛ラバをやったり、鯛サビキをやったり、タコテンヤでタコ釣ったりと割と好き放題な船宿さんもあったり・・・。

 こういうこともあるので、釣行前にシイラ以外に狙いものがあるかどうか、あるならどんなタックルが、ジグが必要なのかを聞いておくべきですね。