シイラを釣りに行こう!のサブイメージ画像

シイラのルアーの選び方

シイラのルアーの選び方を簡単に紹介しています。

シイラ釣りの基本はトップ系ルアー

 シイラに限らず、どんな釣りにでも言えるのですが、その時々で効果的なルアーをうまく選択できるかで釣果は大きく左右されます。

シイラのトップウォータープラグ

 とはいえ、シイラ初心者の方はどんなルアーを使えばいいのか分からないと思うので、最初のルアーとしてまず半日くらいはポッパーかペンシルベイトかのどちらかを使い倒して欲しいと思っています。

 他の釣りだとトップに魚が出るのはよほど高活性のときであって、難しいイメージがあるのですが、シイラはトップでもガンガン出てくれます

シイラのトップウォータープラグ

 むしろトップ系のルアーが水面でバチャバチャやっていることが原因でシイラが集まってきたり、より高活性になるようなことも多いので、アタリがあまりなかったとしても半日くらいは使い続けてほしいです。

 周りの人も含め、そもそもシイラが釣れないのであれば、トップで続け、他のルアーで釣れているのであればすぐにそっちに切り替えましょう。

シイラのルアー-ペンシルベイト、ポッパー

 ペンシルベイトには、水面で茶柱のように直立するタイプと、ペットボトルのように横向きに寝るタイプと2種類があります。

ダイワのペンシルベイト

 直立タイプはロッドでチョンチョンという感じでキビキビと動かすことが得意、横に寝るタイプはロッドで大きく引くようなジャークが得意な印象があります。(ま、やろうと思えば、どちらのタイプでもどうにでもできますが)

シイラルアーの定番ポップクイーン

 ポッパーは魚が口を開けたような形状をしているので、引くたびに水をバチャバチャさせることができるルアーです。その水面を叩く音や水しぶきで遠くのシイラを引き寄せることもできるのが面白いところです。

 とにかくバチャバチャするのが良いときと、間隔を開けてバチャ・・・バチャ・・・っとするのが良いときと様々です。

シイラのルアー-ミノー

 形状としては一番普通の魚に見えそうなルアーです。

 上で紹介したペンシルベイトやポッパーでなかなかシイラが口を使ってくれないときや、どうにも食いにこないとき、少しルアーを沈めたいときにまずは使いたいルアーです。

ヤマリアのミノー

 基本的には、速めのリトリーブでのストップ&ゴーで誘い、それでも食わないときなどにジャークをトゥイッチを加えていくと良いです。

 また、船の間際まで追ってきても逃げないようなシイラには、ロッドで大きく8の字を書くようにしてミノーにアクションを加えて食わせるという8の字アクションもおすすめです。

 シイラ以外のターゲットにも有効なので、お土産を釣って帰るようなとき、ナブラやトリヤマのシーンのために持っておきたいルアーです。

シイラのルアー-ジグミノー

 その名の通り、ジグとミノーの中間の存在のルアーです。ミノーよりも飛距離を出せて、かつ、シルエットを小さくできるというメリットがあります。

写真は実はシンキングペンシル

 アクションはただ巻きで、高速リトリーブを基本とします。少し深く沈めたいとき、遠くのナブラやトリヤマを狙いたい時、手返しよく攻めたいシーンで有効に使えます。

 オフショアではあまり登場するシーンはないかもしれないのですが、ショアからシイラを狙うのであれば、ミノーやジグの代わりとして持っておくと良いかもしれません。

 (※手元にジグミノーの写真がなくて、写真はシンキングペンシルです、苦笑。)

シイラのルアー-ジグ

 ジグはシイラを釣るために絶対必要かと問われると、必要性はかなり低いルアーの1つですが、船でシイラを釣りに行くという方はぜひとも持っていってほしいルアーです。

ジグ

 理由はシイラを釣るためではなく、ちょっと寄り道をするようなシーンで絶対に必要だからです。

 帰り際にタチウオ釣って帰ろうかーとか、昨日ここでブリが出たからちょっとシャクって行こうーとか、色々と寄り道をするからです。

 そんなときにキャスティング用のルアーしか持ってないとヒマです・・・。それに周りがバンバン釣れてると悲しくなってしまいます、苦笑。

 サバ、カツオ、マグロ、ハマチ(ブリ)、シオ(カンパチ)、タチウオなどなどなど、何がつれるか分かりませんしね。